つらいいんきんの痒み!いんきんを自宅で治療する方法は?

いんきんを自宅で治すためにはどうすれば良い?

 

デリケートな場所だけに、できれば病院には行きたくないと思っている方は多いかもしれません。
さらに、誰にも知られずにいんきんを完治できればそれが一番。

 

そして、自宅でいんきんたむしの完治を可能にしてくれるのがファンガクリームです。
ファンガクリームはティーツリーオイル配合のいんきんたむし用の治療薬です。

 

ファンガクリームはいんきんたむしの原因である白癬菌や細菌など、陰部の悪い菌を99.9%殺菌。
さらに、副作用がなく毎日安心して使えるので、貴方を激しいかゆみから解放することができるのです。

 

また、ファンガクリームだけではなく、ファンガソープEXを一緒に併用することで、完治する可能性をより早めることもできます。

 

 

>>ドクターズチョイス いんきんたむし完治セットについて詳しく知りたい

 

 

ファンガソープEXに含まれているのはティーツリーオイルとホホバオイルです。

 

女性は、何度も再発するカンジタで悩んでいる方が多いのですが、そんな女性たちの間でもティーツリーオイルを愛用する方が増えています。

 

どんなに効果があっても石油系の合成成分を使った石鹸では安心して使用することができません。

 

しかし、ファンガソープEXには天然成分が採用されており、その成分を濃縮することでさらに効果を高めています。
香りもさわやかで、洗う度に清潔感を感じることができてスッキリします。

 

いんきんは皮膚病の一種なので泌尿器科ではなく皮膚科を受診するケースが多いです。

 

もちろんデリケートな場所ですので恥ずかしさはありますが、お医者様に診察してもらえるというのはやはり安心感があります。

 

しかし、お医者様によっては診察の中に触診があることもあります。
見られるだけでも恥ずかしいのに触られてしまう。
これが嫌だという方も少なくはありません。

 

いんきんたむしは早く治療をはじめる程、完治も早い。
もし病院に行きたくないというのであれば、ご紹介した2つの薬を使用して自宅治療をしてみてはいかがでしょうか。

 

治療をはじめなければ、つらいかゆみは持続してしまいます。
しかし、それをずっと我慢している必要はありません。

 

病院に行く以外にも、自宅治療でも完治させることができるのです。

 

とにかく放置しておくのは危険です。
もし、いんきんのつらいかゆみを感じているなら、なるべく早めに治療を開始しましょう。

 

ファンガクリームについて

ファンガクリーム

 

>>ドクターズチョイス ファンガクリーム 【いんきんたむし用】 について詳しく知りたい

 

ファンガクリームを使用した感想。
実際に使用してみましたが、クリームを塗る感覚です。
スッとした感触でしみると言うことはありませんでした。

 

ティーツリーオイルの香りはアロマオイルのような香り。
さわやかな香りとスッキリとした感覚があり、とても気に入っています。

 

ファンガクリームはいんきんたむしの治療の他にも亀頭包皮炎の治療にも効果があります。
時々、カンジダ亀頭包皮炎が再発するので、その際の治療に使用できて便利です。

 

それに、デリケートな亀頭に塗っても、まったく問題ありません。

 

そして、カンジダ亀頭包皮炎も完治することができました。

 

 

公式サイトからの引用文

こんな症状でお悩みの方にオススメ

水虫やいんきんたむしなど、白癬菌が原因の症状がある人
カンジタ、カンジタ性亀頭包皮炎、細菌性亀頭包皮炎の人
アトピー、金属アレルギーなど、発疹や湿疹、皮膚炎でお悩みの方

 

いんきんたむし用ファンガクリームの特徴

従来の市販薬では一時的にかゆみを止めたり、白癬菌しか殺菌することしかできませんが、ファンガクリームは白癬菌も細菌も含め、陰部の悪い菌を99.9%殺菌します。

 

他の市販薬は陰のうには使用できませんが、ファンガクリームはこれ1つでデリケートゾーンをまるごとケアできます。

 

水分を含まないオイルタイプのクリームが白癬菌の繁殖を抑え、掻きむしって傷ついた部分にもしっかり密着して皮膚を守りながら傷を治します。

 

 

ファンガクリームはティーツリーオイルを主成分としているので、いんきんたむしの治療の他にも、傷や肌荒れなど、皮膚トラブルの際に使えるクリームです。

 

ティーツリーオイルには細菌や真菌(カビ)に対する殺菌効果がありますから、傷口や湿疹など、ちょっとした皮膚トラブルに利用することもできます。

 

その他、ささくれや靴ずれ、水仕事後の肌荒れや農作業中のケガ、虫刺されなど、原因は分かっていて、そのうち治ると分かっている症状に対して、念のためちょっと消毒しとくかといった具合でファンガクリームは使えます。

 

 

>>ドクターズチョイス いんきんたむし完治セットについて詳しく知りたい

 

ファンガソープEXについて

ファンガクリームとファンガソープEX

 

ファンガソープEXは、ティーツリーオイル配合のソープで、ティーツリーオイルには細菌や真菌(カビ)の殺菌・抗菌効果があります。

 

泡立ちはあまり良くないと口コミもありますが、実際に使用していますが身体用のスポンジを使えば普通に泡立ちます。

 

そして、私は泡切れが良いところが特に気に入っています。

 

それで、最初は陰部にのみ使用していたのですが、今では全身を洗う際にも使っています。

 

全身をサッパリ洗えて、薄皮を一枚取り払ったかのような清潔な気分になります。

 

さらに、ティーツリーオイルに抗菌作用があるということを知っているからかもしれませんが、肌の清潔を感じます。

 

シアバターが配合されているので乾燥するという感じも個人的にはしません。
潤いを感じるというほどではないですが、やはりツルンと清潔になったという感じがします。

 

いんきんの自宅治療で気をつけたいこと

 

いんきんで悩む方の中には、病院には行きたくないと考えている方も多いと思います。

 

そして、自宅でいんきんをきちんと治したいと考えるのは当然のことです。

 

そういった方々に知っていただきたいのは、いんきんは病院に行かなくても自宅で治療する方法があるということです。

 

まずは,、いんきんをこれ以上広げないように対策しましょう。そのためには、患部を常に清潔な状態に保っておく必要があります。

 

白癬菌は高温多湿で、なおかつ不潔な状態になっている場所を好みます。
そのため、そうならないためにも清潔を心がけましょう。

 

また、入浴が終わったら患部をドライヤーの冷風などでしっかり乾燥させておくことが大切です。

 

また、普段ボディーソープで体を洗っている場合は白癬菌に効果のある石鹸がありますので、そちらに切り替えましょう。
ちゃんと効果のある石鹸なのですから、普通のボディーソープを使っているよりも効果は抜群です。

 

ちなみに、専用の石鹸は色々ありますが副作用を伴うものもありますので、天然成分を使用した刺激の少ないものを選ぶとよりベターです。

 

衣服にも注意してみましょう。
案外忘れがちなポイントなのですが、衣服はその素材によって蒸れやすいものがあるのです。
通気性の悪い衣服を着用していると、どうしても蒸れてしまいがち。

 

そして、蒸れてしまった部位は白癬菌によって住みやすい場所となってしまいます。
そのため、できる範囲で衣服の素材についてもこだわってみると良いでしょう。

 

下着ならブリーフやボクサーパンツだとどうしても通気性が悪いので、できれば風通しの良いトランクスなどを着用するのがおすすめです。

 

そして、やはり治療するためには薬の存在は必要不可欠といえるでしょう。

 

白癬菌には、特効薬は無いと言われていました。
それは治りにくいことと、症状を繰り返しやすい、つまり再発性が高いことが要因です。
しかし、時間をかけて対処すれば症状を改善させることはできます。

 

そして、そのための治療薬も存在しているのです。

 

基本的に、いんきんの原因は白癬菌です。そしてこの白癬菌は真菌ですので、真菌または白癬菌に効果のあるような治療薬を選ぶようにしましょう。

 

皮膚炎であることから適当に選んだ軟膏を塗ってしまう方もいらっしゃいますが、それは大きな間違いです。
軟膏の種類によっては、一時的に症状が落ち着いて効果があるのでは?と思うものもあるかもしれません。

 

しかし、実際には悪化してしまうケースが多いのです。使っている内にいつの間にか悪くなっていってしまうのです。

 

いんきん専用の治療薬を購入したいということであれば、その薬がいんきん向けのものなのかどうか確認してみてください。
白癬菌や真菌に効果のあるものでなければ、症状を悪化させてしまう危険性もあるので注意したいポイントです。

 

辛いいんきん

多くの男性が経験しているいんきん。

 

とにかく我慢できないようなかゆみが襲ってくるというのが特徴です。
特に夏になると患部がいつもより余計に蒸れてしまいます。

 

そのため、ほかの季節に比べると本当に辛いですよね。

 

もちろんかゆいのですからかきたくなります。
そこで好きなだけかいたとしても、余計にかゆみは増す一方。

 

それどころかどんどん痛みも悪化していきます。さらには>いんきんの範囲もどんどん拡大してしまいます。
いんきんになるとこのような悪いループに陥ってしまう方が非常に多いのです。

 

いんきんたむしは水虫と同じカビの一種である白癬菌が原因と言われています。
そのため、治りにくいというのもまた厄介な点です。

 

しかし、あくまで治りにくいというだけであって完治させることはできます。病院に行けば適切な治療を受けることもできるのです。

 

しかし、股間を見せるというのは例え相手が医者であっても、嫌だと感じる方が多いのではないでしょうか。
そのため、病院に行くことをためらってしまうという方も少なくはないのです。

 

もちろん、ひどいかゆみが襲えば恥ずかしいとは言っていられません。
そう考える人もいらっしゃるのは当然ですが、それと同様にそれでも見せたくないという人の気持ちも理解できます。

 

それだけデリケートな場所なのです。

 

いんきんの原因は白癬菌

 

なぜいんきんは治りにくく厄介な病気なのかといいますと、それは白癬菌が原因だからです。

 

白癬菌といえば、水虫の原因としてもおなじみですよね。まずは表皮部分の角質に感染します。そして、そこからタンパク質を栄養にして寄生し続けるのです。カビなので根を張ってしまうのです。

 

この白癬菌は、症状が出やすい場所があります。
例えば、皮膚と皮膚が触れるようなところです。

 

この菌にとって住み心地の良い環境にしてしまうのは、汗や蒸れが大きく影響しています。例えば下着や洋服で覆われている股間部分や靴を履いている足など。
どこも普段蒸れやすい場所です。

 

ちなみに、基本的に白癬菌は人から人へと感染していきます。
しかし、中には猫や犬など、ペットから感染してしまうというケースもあるそうです。

 

また、公共の場所で感染してしまうこともあります。例えば公衆トイレなどですね。
ほかにもプールや銭湯などでも感染するケースがあります。つまり、私たちはそれだけ感染の危険性の高い世界で生活をしているということです。

 

 

そのため、正確にどこで感染してしまったかを把握するというのは非常に困難です。
どの行動が原因なのかはわからないので、日頃から気をつけて対処しておく必要があります。

 

ちなみに、いんきんは漢字ですと「陰金」となります。
イメージから男性だけの病気だと思われてしまいがちなのですが、実は女性でも感染する可能性はあるのです。

 

ちなみに、近年では肌にフィットするような服が増加傾向にあります。
ストッキングを着用していなくても、普段使いにスキニージーンズを選ぶ女性も多いでしょう。

 

こういった密着性の高い衣服はより発症の確率を高めてしまうため、以前に比べて発症する女性が増えたと言われています。

 

そこで覚えておきたいのは、ピンポン感染の可能性があるということ。

 

つまり、性病のように男性から女性へ感染したり、女性から男性へ感染することもあるということです。
しっかり完治させないと、大切なパートナーを発症させてしまうかもしれません。